本文へスキップ

   I LOVE PINbadge ・東京ピンバッジクラブ

活動報告report

 


TOKYO PIN CLUB

活動報告写真

当クラブは、東京を中心にピンバッジの収集活動をするピンバッジコレクターの会です。ピンバッジ愛好家の交流の場として、ピンバッジ交換会「東京ピントレ−ディング」を2004年3月13日に第一回を開催以来、年2回のペースで継続して運営してきました。そしてこの度、「2020年オリンピック、パラリンピック競技大会」が東京で開催されることが決定したことから、「東京ピンクラブ」として組織を明確化する事にしました。オリンピックはスポーツの祭典であると同時に、ピンバッジの祭典でもあります。当クラブでは、2020東京オリンピックに世界各地から訪れるピンバッジコレクターとの交流に向けた準備と、当サイトにおいて活動情報やオリンピックピンバッジの情報を発信していきます。


東京ピントレーディング

活動報告写真

2002FIFAワールドカップサッカー日韓大会で、再びピンバッジが人気を集め、東京・横浜でピンバッジ交換会(トレーディング)が開催されるようになりました。そして、翌2004年3月に「東京ピントレーディンク゛」が開催され、それ以後毎年2−3回のペースで継続的に開催されています。
「東京ピントレーディング」は、オリンピックピンバッジを中心に、ワールドカップサッカー、HRC、DSL、その他各種キャラクターや時計、車等幅広いジャンルノピンバッジコレクターが集うマルチジャンルのピンバッジ交換会として親しまれています。


ピンコレクションNAGANO

活動報告写真

長野オリンピック10周年の年(2008年)に「長野ピンずる祭り」が、その役割を果たしたという事で幕を閉じた後、2009年から「ピンコレクションNAGANO」として、「長野ピンずる祭り」を引継ぎ、長野市で毎年開催されています。歴代のオリンピックピンバッジやグッズの展示会、ピンバッジのトレード、フリーマーケット等が催されています。


長野ピンずる祭り

活動報告写真

1998年長野オリンピックの時に、海外から多くのピンバッジコレクターが長野市にやって来て、長野駅周辺を中心に路上でテーブルを広げ、ピンバッジトレーディングを始めました。人々は、長野オリンピックの感動とともに、ピンバッジの魅力に魅了され、長野にピンバッジコレクションのブームが巻き起こりました。街のあちらこちらで、毎日朝早くから夜遅くまでピンバッジトレードディングが行われ、その様子は全国的にも話題になりました。以降、10年間に渡って、長野市に於いて日本各地、海外からピンバッジコレクターが集い、毎年2月に長野オリンピックを記念して、ピンバッジの冬の祭典「長野ピンずる祭り」が開催されました。当クラブのメンバーも大会運営に参加していました。


TOKYO PIN CLUB

★事務局担当者
・竹之内勇
東京都府中市八幡町
tokyopinclub@yahoo.co.jp
TEL090-3406-5251