NAGOYA
2003 . 11/15
4th 名古屋Pin Meeting
"The final"さわやかにその役を終える
4th 名古屋Pin Meetingは、HRC名古屋店で33名の参加者により盛大に開催され、名残惜しくも爽やかにその役を終え閉会した。2000年12月3日、名古屋店で開催されたピンコレクター主催のこの「名古屋Pin Meeting1th 」こそが、日本のハードロックカフェ史上初めてのピンコレクターズ・パーティであった。初めてのそのきっかけは、HRCで知り合ったピンコレクターの仲間同士が結婚することになり、その「お祝いを兼ねて皆で集まろう」と声を掛け合い27名の参加で行われたのだそうだ。それから回を重ねること4回、全国からHRCのグッズコレクターが噂を聞きつけて参加するようになり、HRCファンの集い場として親しまれてきました。

Hard Rock CAFE NAGOYA Pin Meeting
第一回 2000.12月 3日
第二回 2001.11月 3日
第三回 2002.11月23日
第四回 2003.11月15日

ハードロックカフェも日本国内8店舗となって、いよいよ今年からHRCの世界同時開催ピンイベント(ピナバーサリー)(ピナバローサ)が東京店、大阪ユニバ店で開催されるようになり、また神戸店を始め各店舗での独自イベントなども活発に行われるようになってきました。これまで店舗主催のパーティ開催を願い、それが実現するまで「頑張るぞ」という意気込みで続けてきた「名古屋Pin Meetingも「その役割を終える時が来た」という事で今回(第四回)をTHE FINAL としたそうです。「店舗主催のパーティとはまた別な味付けのパーティとして、存続を希望する声も多かったようですが、幹事役の山口博美さんによると「パーティの回数が増えれば、コレクターの負担が大きくなり、参加者も分散してしまい本来の目的と意に反してしまう恐れがある。そして何よりも店舗主催のパーティならば、その都度"HRCのロゴマーク入りの記念ピン"をリリースする事が出来る。せっかく参加する方々にとって一番ベターな環境を優先させたい。」と、先駆者として、リードしながらも、その役割をきちんと認識した引き際の良さは見事である。

初回から幹事役として、このパーティを主催してきた"山口博美さん"と"平岩 徹さん"は今回(第四回)も周到な準備を重ね、パーティの間総ての参加者に気を配り、皆さんに楽しんでもらおうと頑張っておられました。そして初回開催時の名古屋店の店長林さん(現・神戸店店長)、大阪店の店長大西さんも駆けつけ、現・名古屋店店長加納さんともどもにパーティを盛り上げている姿に"HRCファミリー"という独特な文化を感じさせられた。名古屋店では、店舗主催のパーティの予定はまだないようだが、"山口博美さん"は「名古屋店は私たちの聖地として、是非店舗主催のパーティ開催を実現して欲しい。その時は最大限の協力を惜しまない。」と感慨深げに、そして新たな決意を熱く語ってくれた。

私は、昨年大阪でのピントレで初めて"山口博美さん"とお会いした時に、もの凄いオーラを感じ、思わず、迷わず「女王様」と彼女を称した張本人である。「ピンに対する熱意とHRCを愛する気持ちは誰にも負けない。」それは彼女が言ったことではなく、周りの人々が彼女を評価する言葉だ。そしてコレクターとして、もの凄い数と超レアなピンを収集しているが、それだけで「女王様」な訳ではない。直接聞いたことはないが「ピンを愛する人を大切にし、HRCを愛する人を仲間とし、もっとより多くの人々にその良さと楽しさを伝えたいと思っている」そんな総合イメージがそう言わせたのだ。そして私も、ついついHRCのピンコレクターの仲間入りをしてしまった。まだ初心者であるが、、、、「女王様」とは、これからもピンとともにお付き合いをさせて頂きたい方です。山口博美さん(女王様)、平岩 徹さん、HRC神戸店・林店長、大阪店・大西店長、名古屋店・加納店長、その他関係者の皆さん本当にご苦労様でした。そしてこれからも楽しいピン文化普及のためにご活躍される事を心より願っております。

JPN タケノウチ